普段から太もものマッサージをしておこう

普段から太もものマッサージをしておこう

下半身というのは、特に脂肪がつきやすいのですが、その中で太ももというのは、あまり動かすことがないため、一番セルライトが溜まる傾向が強い部位となっています。

 

特に太ももの内側というのは、階段を上ったり歩いたりしても筋肉をほとんど使わない状態になっています。
ですから、脂肪細胞が大きくなってセルライトになりやすいのです。

 

また、太ももというのは、セルライトができやすいだけではなく、解消しにくい部位でもあります。女性というのは、男性と比べると太ももに脂肪がつきやすくなっていますから、セルライトを除去するためのマッサージを普段からしておくべきなのです。

 

まずは足の裏部分をマッサージして解します。次に、くるぶしの下あたりにあるへこんでいる個所を親指のお腹部分でゆっくりとマッサージしましょう。

 

へこんでいる部分をマッサージし終わったら、太ももを両手で包むように握り、下から上にリンパを流すようにマッサージをしましょう。下から上にマッサージをしていくことで、リンパの流れも良くなりますし、血液の流れも良くなっていきます。

 

次に、ひざの裏にくぼみがあるのですが、指でくぼみを押さえてマッサージをしましょう。そして、今度は両手で太ももを包むように掴み、再び下から上にリンパを流すようにマッサージをしましょう。そのまま、指や掌を使って、お尻や股関節回りもマッサージしていきます。

 

そして、手をグーにして、お尻や股関節に圧力を加えるようにしながらマッサージをしてください。ただし、あまり長時間圧力を加えてしまうと、血液の流れが悪くなりますから、一瞬だけ圧力を加えて、力をすぐに緩めるということを何度も行うようにしてください。

 

そして、最後にS字になるように太ももやヒップの脂肪を両手でつまむようにしてください。このようにして、脂肪全体を動かすようにすることが大切です。